So-net無料ブログ作成

鬼平のおつまみ [日々]

早いもので、確定申告の季節がやってまいりました。今年は珍しく、だいぶ前から準備を整えていたおかげで締め切り直前に慌てることもなさそうです。提出が終わるまで「鬼平犯科帳」は見ない事に決めたのも良かったのかも(^_^;
一刻も早く終わらせて、まだ観ていない第2シリーズ後半のDVDを一気に借りてきて鑑賞することだけを励みに今宵も頑張っております。

鬼平犯科帳が好きになった理由の一つは平蔵が酒好きで、事あるごとに旨そうに酒を飲み美味そうな”おつまみ”を美味そうに食べているという事であります。美味いモノを口にすると必ずその作り方を店のオヤジなどに聞き、嬉しそうにそれを聞きながらまた酒を飲む平蔵。結構深刻な事件の最中であっても(笑

先日書店で鬼平の小説を探していた時に見つけた「食卓の情景」(池波正太郎著)。
食卓の情景-池波正太郎.jpg
鬼平に登場する酒や食のエピソードもあり、この本を読んでさらに鬼平ワールドが広まったのですが、池波氏が物語のシーンを作り上げる際に広重の浮世絵「東海道53次」を参考にしていたとの事を知り、鬼平犯科帳への急激な偏愛が揺るぎのないものとなりました。

次回からは、昨年に永谷園お茶漬けの懸賞で当たった「五十三次カード」を準備して鬼平鑑賞をするとしましょう(^_^)




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ: