So-net無料ブログ作成

『金目 鯛』:シリーズ”福島の書棚から”-Vol.1 [原発事故]

長年、本棚の特等席に置かれすっかり背表紙が日焼けしてしまった「食材図典」。
ito-20140622a.jpg
ちなみに、コレは”生鮮食材篇”(他に”加工食材編”と”地産食材篇”が小学館より出版されております)。普段の食事の時など食材に関するちょっとした疑問を持つ度、パラパラとめくると”へぇ~!x3”と解決する素晴らしき書籍。本の 最後は食品成分用語小辞典があり、これまた参考になるのです。

特に魚のページは図鑑としても楽しめるので、食休みの友となっています。
ito-20140622b.jpg
その中でも10ページにわたって紹介されている鯛。日本近海には何と300種類以上もいるらしいタイの仲間。(タイと名のつく魚は200種類以上?)
古くから”おめでタイ”という言葉にあやかり、祝い事には欠かせないお魚ですね。
ito-20140622c.jpg
鮮やかな紅色と金色に輝く目が特徴の『金目鯛』。

お分かりかとは存じますが・・、読み方は「かねめ だい」ではなく「きんめだい」でございます・・。


※参考文献
「新版 食材図典 生鮮食材篇」

小学館、2003年3月初版発行、384ページ、5,700円+税


わが家には”加工食材編”もあるので、いずれ地産食材篇も買うしかない! でしょ。


~~~
にほんブログ村ランキングに参加しております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
どうぞ宜しくお願い申し上げます。




タグ: 食材 金目
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感