So-net無料ブログ作成

夢と希望に満ちていた9年前に発掘した、昭和レトロな手拭い達 [古民家暮らし回想]

東京電力福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故など考えもしなかった9年前。我が一家は福島で空家となっていた実家へと引っ越したのでありました。

引っ越したと言っても、約12年もの間空き家になっていた古民家はあちこちガタがきており、すぐに暮らせる状態ではありませんでした。クルマで約20分の嫁様の実家へ居候させていただき、毎日通いながらの大掃除の日々が約3か月続きました・・。
ito-20140415c.jpg
作業服にマスク・頭と首ににタオルを巻き、2台の掃除機をフル稼働しゴミと埃と格闘していたそんなある日、押入れの中から出てきた大量の未使用タオルと手拭い・・。 記念品などで貰ったと思われるソレらは大掃除で大いに活躍しましたが、雑巾にするには勿体ないような気がしてとっておいたレトロな手拭いを一気に洗濯しました。
ito-20140415a.jpg

銀行も当時はタオルではなく、手ぬぐいを配っていたんですね。
ito-20140415b.jpg
”皆様の富士銀行”高島屋謹製

トイレに掛けて使っていたら、タイムスリップしたかのように馴染んでいただろうなぁ・・。

いまだ昨日のことのように思い出される古民家に暮らした日々は、長い長い夢だったのか・・・。



~*~*~*~*~
ブログ村に参加しております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
どうぞ宜しくお願い致します。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0