So-net無料ブログ作成

わが古民家に退避場所はあるのか・・・ [古民家]

スキマだらけの古民家暮らし。
余震続きでその正確な被害状況はいまだ把握できておりませんが、その隙間の数は間違いなく増えているものと思われます。
ito-20110418a.jpg
そのスキマから入り込むのが冷たい風と花粉や埃、小さなクモちゃんだけならまだいいのですが、1か月ほど前から目に見えない何やら体に良くない物質も侵入してきているらしく・・、”すぐには害のないレベルのガナ”を少しずつ体に貯めこむ日々が続いているようです・・。

今後わが家周辺が屋内退避という事態になった場合、わが古民家においては家の中も外もほぼ同じ空気環境ですから、避難指示と受け止めたほうがいいのでしょうかね・・。

6年かけて作り上げてきた”古民家暮らし”のすべてがまた”スタートに戻る”というマス目に止まってしまったことはどうやら間違いないようですが、「東京電力-福島第一原子力発電所放射能漏れ事故」前の暮らしに戻るための道筋は忘れないように頭の中の引き出しにしっかり保管し時々眺めるようにしなければ・・と、崩れた土蔵の壁を眺めつつ、おそらくは遠いであろう完全復活の日を心に誓う古民家の日々でございます。

福島県、そして「にほんブログ村」の住民です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
[犬]日々の応援に、心より感謝申し上げます。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 2

コメント 2

toyo

どう申し上げたらいいのかわかりませんが、
とにかくご無事でありますように。そして、また
素敵な古民家暮らしに安心しても戻れますように。
by toyo (2011-04-18 15:18) 

いとまたろう

toyoさん
いつも応援いただき本当にありがとうございます。
焦らずに頑張りたいと思っております。
愛するわが家、最後は移築という手段も残っておりますし・・。
100年以上の古木には放射能を吸収し無害化する驚くべき性質が・・、あったらいいのですが・・・。

by いとまたろう (2011-04-20 11:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0