So-net無料ブログ作成
検索選択

古民家 ブログトップ
前の5件 | -

古民家でまた暮らす日々が来ますように・・ [古民家]

蒸し蒸しと暑かったり、雨で涼しかったり、梅雨真っ只中の今日この頃。
夏を前に猫たちの毛の生え替わりの時期なのか、ブラシでちょこっと撫でただけで沢山の毛がブラシに絡みつきます。
itomataro-20160708a.jpg
夏を前に少し薄着?になって、今日も気持ちよさそうにお昼寝のニャンコたちでありました。
itomataro-20160708d.jpg
昨日は七夕。
心の中の短冊に「原子力発電所がすべて無くなりますように」と書いて6回目・・。

楽しかった古民家暮らし回想。
晩御飯を食べ終わってもまだまだ明るいこの季節。畑に行って、湯上りのデザートと翌日の朝食用にブルーベリーを収穫するのが日課でした。
itomataro-20160708c.jpg
採りたてのあの甘酸っぱい美味しさを忘れることは無いでしょう。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

小さな古道具 [古民家]

ご先祖様から受け継いだ古道具コレクションの中の1品。
ito-20141120a.jpg
直径約3cmの小さな錘。何に使うものなのか不明です。
脇に何か文字が刻んであるのですが読み取れません。
計りの載せると重さは210g。

そして、これにもしっかりと刻み込まれた”わが家のマーク”たる源氏香の図。
ito-20141120b.jpg

まだまだ部屋がゴチャゴチャで道具達を飾ってやるスペースが無いので、時々小さなものを出しては眺めて楽しんでおります。

今思えば、持ってこれなかった大きな道具達を何処ぞの民家へ運んで並べれば、立派な民芸資料館になったなのになぁ・・。
未だ、3日一度くらいの割でわが古民家暮らしが夢に出てきてはそんな思いにかられる日々でございます。


タグ:古道具

座敷わらしの出る古民家 [古民家]

わが家には、親戚・友人・友人の友人等々ほんとうに沢山のお客様が遊びに来てくれました。
そんな方々を怖がらせないように?あまり口に出していませんでしたが、実はわが家には座敷わらしが居らっしゃいました。 とは言ってもその姿をこの目で見たわけでは無いのですが、座敷わらしの”イタズラ”と思われる出来事を何度も経験したのです。

最初に”ん?”と感じた出来事は、3歳になる親戚の子供が廊下で遊んでいるとき玄関の方を指さして「お兄ちゃん!」と言いました。お客さんかと思い、振りみて見ると誰もいません。玄関を開けて外に出て見てもその姿は見当たりませんでした。 子供には”見える”何てことをよく言いますので、ソレだったのかなぁと後になって思いました。

その後も不思議なというか、正直ちょっとビビってしまう出来事もいくつか続いて起こりました。
”不思議”を確信したのはその少し後に起きた出来事で、玄関に置いていた「子ども用の乗用自動車」の電池で鳴るクラクションが夜中に鳴り出し止まらなくなったのです。それも、配線がおかしくなったとかで鳴り続けるのではなく、”ピッピッピ!”と鳴った後少ししてから”ピピピ!” ”ピッピ!”といった具合にまるで子供が遊んでいるかのように・・。 その音で目を覚ました嫁様と二人布団の中で協議し、わたしがパジャマのまま外へ行きペンチで配線をカットし一件落着したのでした・・。

電池で音が鳴るタイプのおもちゃは、その後結構な種類が鳴り響き・・決まって夜中に電池を外す羽目になりました (ー△ー;。 最初の自動車をはじめ、イタズラするオモチャの種類から察するに男の子、又はヤンチャな女の子だったのかなぁ・・。
奥の部屋などで黙々と片付け作業をしていると、すぐ脇に子供サイズの気配を感じることはよくありました。 そのときは”またか”という感じで不思議に怖くありません。何をしているのか気になって、覗きに来たんでしょうね。 
その昔ご先祖様が産婆をやっていたので、ごく自然に座敷わらしが居たのかもしれません。解体間近の家の中を歩いていても、もう何の気配も感じることはありません。次はどの家にイタズラしに行ったんでしょう・・。


それにしても、この家に引っ越した時には予想もしなかった福島原発の放射能漏れ事故・・。今さら何を言っても元には戻りませんので、せめてもの願いは小泉元首相もおっしゃる『原発ゼロ社会』の実現です。


145年という我が家の長い歴史の中ではごく短い年月ですが、この家に暮らす事が出来たことは幸せだったと思います。 残念な最後をむかえることになってしまいましたが、この家を残し維持してしてくれたご先祖様と両親、そして親身になって修理手助けしてくれた大工さん、様々な知恵を教えてくれた隣のおじいちゃん、庭木の剪定を手伝ってくれた親戚のおじちゃんや遊びに来てくれた沢山のみんなのおかげで本当に貴重な素晴らしい時間を過ごす事ができました。
本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。


※この記事を書いている途中、パソコンが突然イカれて見たことのない宇宙のような画面になりました・・。診断再起動で復活しましたが、座敷わらしの最後のイタズラだったんでしょうかね・・
ito-20130930.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

ブログ村に参加しています。どうぞ宜しくお願いします。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

さよならカウントダウン・・ [古民家]

この地で145年という長い月日を過ごしたわが古民家。
解体の時がついに秒読みの段階となりました。

建てられたのは明治元年。1000年に一度と言われるあの大地震にも耐え、わが家族の命を守ってくれました。しかし、その後に起きた福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故によってわが家に降り注いだ放射能物質を除去するには莫大な費用が必要となるため、修復を諦め解体することに決めました。
本当に残念です・・。
ito-20130929b.jpg
しんと静まりかえった廊下を歩いていると楽しかった日々が走馬燈のように思い出されます。

ito-20130929a.jpg
除染のため草木はすべて伐採され、もとの面影など一切なくなったお庭には種から発芽した沢山の3尺バーベナが風に揺れています。


原発事故から2年と6か月。誠意の欠片も感じない東京電力の被害者対応に憤慨し、自然に減少している以外ほとんど何も解決していない放射能除染やトラブルだらけの汚染水処理問題など、自分が考えても解決しない問題に頭を悩ます日々でした。

最近はもっぱら、家の中の片付けやら何やらで少々疲れましたな・・。蔵や奥の部屋から発掘した古い民具などを、いくらかでも救出できたのがせめてもの救いです。 

わが古民家は無くなってしまいますが、まだしばらくブログは続けていくつもりです。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

ブログ村に参加しています。どうぞ宜しくお願いします。



nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

消えてゆくしかないのか・・福島の文化遺産 [古民家]

”茅葺き屋根の民家や歴史的施設の除染方法はいまだ確立せず、ふき替え費用は東電の賠償で認められていない。「元の生活がしたいだけなのに」。住民は放射能で汚染された怒りと、除染できない苦しみの中で生活している。”
-yahooニュースより一部抜粋致しました-
「かやぶき屋根」進まぬ除染 ふき替え費用賠償されず

わが家の土蔵は地震で半壊し、その後原発事故の放射能に侵され・・今年のはじめに取り壊しました。 築145年となる母屋は一部損壊でしたが、除染は手付かずのまま。 外壁の漆喰も傷みが目立ってきました。 
草木すべてを取り払った庭の除染は終わりましたが、現状では母屋も取り壊しの時をただ待つだけの状態であり、”元の生活”は完全に夢のまた夢となりました。

わが家とほぼ同年代と思われるご近所のお屋敷から、鳥たちのにぎやかな声が聞こえてきます。
ito-20130703.jpg
うちの庭に来ていた野鳥たちは、どこで遊んでいるんだろう・・。


それにしても、「線量計を付けて生活しろ」とか・・ひどいニュースばっかりですな・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

ブログ村に参加しています。どうぞ宜しくお願いします。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の5件 | - 古民家 ブログトップ