So-net無料ブログ作成

わが家のコリアンダー [食べ物・おつまみ・お酒]

昨日のピクルスに使うスパイスの一つ、コリアンダーは自家製です。
現在は緑のカーテンの土台となっているプチ菜園の片隅に植えてあったシャンツァイですが、春先から夏の初めころまで縁側の窓を開けると香って来た”カメムシ臭”に日々耐えたおかげで、たくさんのコリアンダーを収穫することができました。
ito-20090831a.jpg
乾燥した枝ごと収穫した後は作業部屋に置いてありましたが、完全に実(種)となった状態では特に臭いもしないので、しばらくの間そのまま放置しておりました。雨の日の地味な作業として枝から一つ一つ外されたボールいっぱいのコリアンダーは洗ってカラ煎りし、カレーなどのスパイスとしても重宝します。単体ではちょっと苦手な香りですが、スパイスとしてブレンドされると食欲をそそるいい香りと感じるのは不思議です。
ito-20090831b.jpg

ブログ村にも参加しております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
はたして、3カテゴリー同時1位獲得出来る日は来るか?・・・。[犬]村の方へもご訪問いただければ幸いでございます。

ヤングコーン入り★夏ピクルス [食べ物・おつまみ・お酒]

疲れた体にはスッパイ刺激が効果的(・・たぶん)。初夏から秋の終わりまで、冷蔵庫にほぼ常備されている自家製ピクルスは我が家の定番メニューであります。寒くなると体があまり要求しなくなるのは、夏の疲れに効いている証拠でしょうか?・・。
ito-20090830a.jpg
材料はその時々で異なりますが、今回(と言っても少し前になりますが)入れた期間限定食材は、畑のトウモロコシから収穫の”ヤングコーン”です。
ito-20090830b.jpg ito-20090830c.jpg
摘んだ脇芽?の皮をむいていくと中から可愛らしいミニトウモロコシが現れます。
他にはパプリカ・カリフラワー・キュウリ・人参など、彩りも鮮やか。
ito-20090830d.jpg ito-20090830e.jpg
ローリエ・コリアンダー・唐辛子などをワインビネガーで煮立たせ、カットした野菜を入れた瓶に注ぐだけ・・といたって簡単なわが家のピクルス。 最初はブルッとくる酸っぱさが、漬かるにつれまろやかに変化するので沢山漬けると色々な味わいを楽しめます。
(サボりっぱなしのHP版古民家の日々に作り方を近いうちにUPしますかな・・)

ボタニカルアートに癒される日々 [庭]

ボタニカルアート。
ito-20090829a.jpg
葉や花の形・色合いなど非常によく表現されていて、実物を知っている草花については尚更その表現力の素晴らしさに、絵ゴコロの無い私はただただ感心するばかりです。普段は刈り払い・ムシる対象の雑草たちも、この本で見るとなぜか心癒されてしまうボタニカルアートマジック・・。ツユクサの脇にネコジャラシも一緒に描かれているのが泣かせます。そう、この二人は仲良しなんですよね・・。

ito-20090829b.jpg
昨日も大量のツユクサとネコジャラシを刈り払ったばかりですが、時すでに遅く・・沢山の種を落としておりました(涙)。来年もキレイなツユクサの花を見ることができるでしょう・・。

ブログ村にも参加しております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
はたして、3カテゴリー同時1位獲得出来る日は来るか?・・・。[犬]村の方へもご訪問いただければ幸いでございます。

雑草の大山とコスモスの大波 [花-コスモス]

畳が抜け落ちた2つの部屋を土間にして物置兼雨天作業部屋として使っておりますが、天気がよく草むしりなどの外作業をしているときは”日陰で一休み”の休憩場所となります。
ito-20090828.jpg
窓から畑を眺めると、目の前にはちょうど軽トラックの荷台と同じくらいの大きさの雑草捨て場があります。この時期の雑草は葉や茎が硬く、積み上げてもなかなかガサが減りません。現在、山盛りとなっておりますが、そのほとんどは嫁様が集めた成果です・・。
その地道な草むしりのお陰で、畑の脇からはコスモスの大波が昨年よりもスケールアップして押し寄せてきております。花が咲きそろうのは、来月中ごろかな?・・。
ito-20090828a.jpg

タグ:コスモス

不思議な小道の不思議な木の実で作る怪しい?お酒 [庭]

ito-20090827a.jpg
錆びた井戸ポンプがある駐車スペース脇から、庭の奥地をグルリと散策できるよう作る予定の不思議な小道。そのルートの雑草を刈り払いしながら道端をふと眺めると、小さな木の細い枝に青リンゴのような小さな実が生っていました。
ito-20090827b.jpg

ito-20090827c.jpgito-20090827d.jpg
嫁様に聞いてみると「ボケの実」とのこと。そういえば今年の春、このあたりにキレイなボケの花が咲いていました。果実酒の本をみると、この実でも漬けられそうなので是非試してみようと思います。すぐ脇のナツメの木にも、すでに沢山の実が生っています。熟したナツメの実では薬用酒を作れるようです。まずは小さな瓶で色々作って味見してからですが、わが家の定番果実酒・薬用酒作りはこれからの趣味になりそうです。


ブログ村にも参加しております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
はたして、3カテゴリー同時1位獲得出来る日は来るか?・・・。[犬]どうぞ宜しくお願い致します。

ゴーヤとオクラ - 本日の収穫 [庭]

すでに10本以上を収穫したカーテンゴーヤの「ニガニガ君」と「ほろにが君」。
ito-20090826a.jpg
天候の影響か曲がったまま成長するものが多かった今年のゴーヤでありますが、それほど大きくならないのはこの種類の特徴なのかな?・・。ゴーヤの手前に植えたオクラも少しずつ収穫できるようになりました。
ito-20090826b.jpg ito-20090826c.jpg
思ったようには伸びてくれないスカスカのカーテン・・・。どうやら、緑色のネットが補完されることは無いようであります。そして、なぜか屋根の上にしか花がない朝顔・・。部屋の中から見える部分には一度も花が咲きませんでした。その代り、元気な先端チームが沢山の葉っぱで縁側にかかる小屋根の温度上昇を防いでくれているのでヨシとしましょう・・。

強烈な日差しで葉っぱがグッタリするような日はほとんど無かった今年の夏でしたが、まだまだ8月なので油断は禁物ですな・・。


ブログ村にも参加中です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
3カテゴリー1位獲得目指して頑張っております。[犬]どうぞ宜しくお願い致します。


朝の日影 [日々]

季節は確実に秋に向かっていることを実感する朝のヒンヤリした空気を鼻からゆっくりと吸い込みつつ、庭を眺めると朝日を浴びた蔵が芝に大きな影をつくっていました。
ito-20090825b.jpg

果たしていつまでこの姿を見ることができるのか・・、いずれは解体することになるであろう土蔵ではありますが、もうしばらくはこの景色を眺めていられるよう大きな地震が来ないことを祈る今日この頃でございます・・。中にある昔の農具や道具類についても、用途など少しずつ調べて行きたいと思っております。
ito-20090825a.jpg

今日も気持よく晴れそうなので、草むしりですな・・。

タグ:土蔵

夏の終わりの完熟トマト [畑]

少し見ない間に、畑のトマトが真っ赤に熟しておりました。お皿いっぱいに収穫した色鮮やかなトマトを見ていたら、バジルとモッツァレラチーズのカプレーゼが食べたくなりました・・。
ito-20090824a.jpg

縁側に差し込む日差しが少しずつ角度を変え廊下の半分くらいまで照らすようになり、窓から入って来る風も真夏のそれとは明らかに異なり、家を包む庭全体の空気に秋の訪れを感じる今日この頃。夜ともなれば、オーケストラのごとき虫の音・・。
真夏を乗り越えた脱力感と涼しい夜風に癒される最高に気持ち良く大好きな季節であります。(来年こそは夏バテしないように頑張ろう・・)

ブログ村にも参加中です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
3カテゴリー同時1位獲得なるか?・・・。

カップホルダー用?ミニ花束 [日々-車輪]

先日、遊びに来てくれた友人がお帰りの際、嫁様がお土産にと庭の草花で小さな花束を作ってくれました。
ito-20090819a.jpg
水を入れたグラスに挿して車のドリンクホルダーに置くと、それだけで車内がとても華やかになります。
そう言えば、フォルクスワーゲン・ビートルには一輪挿し用の小さな花瓶がオプションとして用意されていました。(ニュービートルにもしっかり受け継がれていますね。) 水がこぼれないよう、運転も穏やかになり交通事故防止の効果もあるかな?・・。


タグ:

藪蘭(やぶらん)酒 [食べ物・おつまみ・お酒]

日々の楽しみでもある晩酌。その主役となるお酒はビール・日本酒・焼酎・ワインなど特にクセのある物を除きほとんどイケるくちであります。最近のお気に入りは家で仕込む梅酒で、造る楽しみと待つ楽しみ、そして開封して最初の1杯を飲む瞬間のドキドキ感など、趣味のお酒として不動の地位を築きつつあります。

さらに、梅以外の果実酒にも興味がわき専門書など読んでみると、わが家の庭に自生する植物や木の実などを使って実に色々な果実酒・薬用酒ができることが分かりました。日々目にする植物で造るなら安心だし、体にも良さそう。これは試してみねば!
ということで、第1弾は「ヤブラン」です。
ito-20090820a.jpg
まずは庭からヤブラン(茎と花)を採取し日干しました。小瓶にグラニュー糖と乾燥したヤブランを入れ、焼酎を注ぐだけ。今回は黒糖焼酎”奄美”にて。
ito-20090820b.jpg
果たして、どんなお味になるか・・。その効能は滋養強壮かな?・・。夏バテにも効いてくれると嬉しいのですが。

藪蘭・・・藪に生え、葉が蘭の葉に似ている事からその名になったとのこと。そのままですね・・。
ito-20090820c.jpg


ブログ村にも参加中です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
3カテゴリー同時1位獲得なるか?・・・。どうぞ、よろしくお願いします![犬]